ツボは全身にいくつも広がっています

ツボは全身にいくつも広がっていますが、中には発毛とか育毛に効き目を示すツボも見られます。大概は頭部に密集しており、一例としては百会という頭頂部のツボが血液循環を促進して抜け毛を減らすのに有効です。
過度に力を込めてツボを押すとかえって頭皮にストレスが加わってしまいます。少し痛いが気持ちいい程度の力で、押す回数は1箇所あたり3回から4回ほどが適しています。過剰な脱毛や薄毛などAGAの症状を引き起こす要因というと、遺伝的な要素も強いですが、DHTのような男性ホルモンによる影響も大きいです。
そのほか、睡眠や飲食といった生活習慣、ストレスも少なからず影響しているようです。
しかし発生に至るまでの原理が細かく解明されているものは今のところ、ある種の酵素による男性ホルモンの変質だけです。頭の地肌付近で男性ホルモン(テストステロン)がDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変わり、この物質が発毛や毛髪の成長を妨げているというメカニズムがわかってきました。
現在使用中のシャンプーにアムラエッセンスを混ぜ合わせるだけで、抜け毛が減少して髪の生える速さも大きくなるなんて、コスパは非常に高いといえるでしょう。
洗いあがりの感想としては、頭皮の汚れはよく落ちているにもかかわらず、毛髪はリンスが必要ないくらいサラサラになるというものです。毛が薄いことが気に入らず育毛したいという人には格好の商品だといえます。度々、特定の食品の発毛や育毛効果について話題になることがありますが、とくに科学的な証拠がないものもあります。
もしかすると、ワカメが髪に良いといって積極的に摂取している方がいるかもしれません。でも、実際は特に根拠がない迷信なのです。
ワカメなどの海藻の成分を調べてみると、ヨウ素が多分に含まれていることが分かります。ヨウ素は甲状腺ホルモンの原材料となるもので、血の巡りを良くするので、確かに身体には良いのですが、ワカメそれ自体が発毛や育毛に関わる食品ということではないのです。髪や頭皮に優しい印象があるノンシリコンシャンプーですが、髪や頭皮に作用しているのは実はシリコンそのものではなかったのです。強い洗浄作用を持つ成分を配合したシャンプーは強い洗浄作用によって髪の毛がゴワゴワしてしまうので、ガサガサをコーティングするため、シリコンを使用するのです。
育毛を目的とするならノンシリコンかシリコンかに着目するのではなくて、シャンプーに配合されている洗浄剤はどんなものかに着目することが肝要といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です