頭皮に古い角質や皮脂が残っている

頭皮に古い角質や皮脂が残っていると、フケや抜け毛を招きます。頭皮の清潔を保持することは育毛の基礎ですし、継続的にAGAの治療を受けながら頭皮クレンジングを定期的に行い、頭皮の状態を良くしていくことが症状改善への近道です。
最近は頭皮ケア用のシャンプーも市販されていますが、婦人用のメイク落としがオイルであるように、古い角質や余分な皮脂を落とせるオイルクレンジングを、マッサージも兼ねて試してみると良いでしょう。ただ、皮脂を取り過ぎないように注意してください。
育毛剤を使う場合、発毛を実感するまでは長くかかると覚悟した方が良いでしょう。
効き始めるまで3、4ヶ月は見た方が良いですし、遅い人では年単位でかかる場合もあります。
どうしてこのように時間がかかるのでしょうか?これは髪が生えて抜けるまでのヘアサイクルが問題になるからです。
ヘアサイクルには退行期という髪の毛の成長が止まる期間が1ヶ月程度、その後、髪が自然に抜け落ちるまでの休止期が3ヶ月程度あります。
この時にどれだけ育毛剤で栄養を与えても次のヘアサイクルの成長期が訪れなければ発毛することはないため、時間がかかってしまうという訳です。薬局などで販売されている育毛剤やトニックなどにも対AGAで有効な薬剤を含んだものがないわけではありません。
抗男性ホルモン剤フィナステリドが入っているプロペシアは、今の時点では処方箋なしには買えないのですが、毛乳頭細胞の活性化を促すといわれるミノキシジルが配合された製品は大衆薬として市販されています。
有名なところではリアップシリーズが挙げられますが、普通の薬と違い第1類医薬品という扱いになっているため、同じ薬局でも薬剤師さんが勤務している時間内でないと売ってもらえないので注意が必要です。温めることが頭皮の毛穴を開かせるには効果的ですが、ホットタオルを使った方法が良いですよ。
常に熱湯を準備して蒸しタオル作成を行う必要はなくて、タオルに水を含ませてから数十秒間レンジでチンするととてもスピーディーで簡単に作れるのですよ。お風呂へ入るときに頭部に蒸しタオルを巻くと毛穴が充分に開いた状態になり、皮脂や汚れがシャンプーで落としやすくなるのです。
すると健康な毛穴が出来上がるので、髪の毛を育てるためには効果的なのです。髪の毛の質を高めてハリやコシのある豊かな髪を作るには、血行を促進させる事が欠かせません。
血行改善にはやはり、運動することがベストな方法ですが、時間をかけて外で激しく体を動かさなくても、柔軟体操やストレッチなどを毎日15分程度行うようにしていれば、血管が広がってスムーズに血液が流れるようになります。
また、こうした運動は育毛効果だけでなく、全身の血行が良くなりますから、肩こりや背中の重みが軽くなり、精神的にな安定も得られるので、いいこと尽くめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です