睡眠の質を高めることは健康的な

睡眠の質を高めることは健康的な髪の毛の成長を促し、例えば育毛剤などの効果が出やすくなるといったメリットがあります。と言うのは、ヒトは睡眠時に最も多くの成長ホルモンが分泌され、このホルモンが毛髪や身体の組織を修復するのです。
22時から2時の4時間は最も多くの成長ホルモンが分泌される時間なので、この時間に眠る事が睡眠の質をさらに高めることができるでしょう。育毛専門施設というと、どういったところを思い浮かべますか?育毛を専門に扱う施設にはサロンとクリニックがあります。
サロンとクリニックの違いは、免許を持った医師が治療する医療機関かどうかということです。育毛サロンは、体質に合った育毛剤の処方やプロの手でマッサージをしてもらうなど、頭皮ケアから育毛を促すことが目的の施設です。クリニックの場合、医師免許が必要な処方箋で治療したり、医療器具で抜け毛や薄毛を改善する施設で、サロンとは異なります。
あまり控えすぎてもストレスになりますが、アルコールの過剰摂取は体だけでなくAGAの治療にも悪い影響を及ぼします。
アルコールの代謝時にはアミノ酸が消費されますが、頭皮や髪を構成する要素として重要なケラチンもアミノ酸から作られます。
要するに、アルコールを代謝するためにアミノ酸が普段より多く使用されてしまうと、そのほかの部分、つまり髪への栄養分が届かず、間欠的あるいは慢性的に欠乏しているようになるというわけです。
思春期以降なら誰でもかかりうるのが男性型脱毛症(略称AGA)ですが、AGAの発症と進行には個人差はあるものの男性ホルモンの影響が強いと考えられています。アンドロゲンのひとつであるテストステロンという物質が同じく体内で分泌される酵素によって代謝され、別のDHT(ジヒドロテストステロン)になって正常な髪の成長を妨げることが明らかになっています。5−α還元酵素がどのように分泌されるかは遺伝子による差があるというところまでは解っていますから、昔から言われる薄毛遺伝の話が科学的に立証されたことになります。
もしAGAの検査を希望しているのであれば、AGA専門医だけでなく一般の皮膚科医でも検査を受けることができます。通販などで売られている検査キットを使うと病院に行かずに検査できるというメリットがありますが、安ければ安いなりに大まかな情報しか得られません。
ですから納得の上で検査しないとむしろ損です。将来のAGA発症予測や抗男性ホルモン薬の有効性についてはわかりますが、いまの時点で発症しているかどうかは教えてくれません。
より正確な検査でAGAに対する不安を一掃したいと思うのなら、AGA専門のクリニックや皮膚科で検査を受けた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です